koshima pot 2

Jul 20
Permalink

なんで、炭は「自然に帰らないのか?」。ここで炭とは何か、思い出してみましょう。炭は、木などを蒸し焼きにして炭化させたものです。炭化すると、ほぼ炭素の集まりになります。成分だけでいうと、グラファイトとかダイヤモンドと同じですね。

炭素は元素の1つです。元素ということは、それを分解しても、別のものに変化しないということですね。砂もほとんどがケイ素でできていて、ずっと変化しません。それと同じで、炭素はそれ以上変化しない物質なのです。太古の火事のあとがそのまま地層にのこっちゃうくらいですからね。っていうか、石炭なんか何億年残っているわけです。

だから、炭で汚したら、それはそのまんま残ります。それをアートにしたのが「水墨画」であり「書道」ですよね。ものすごい大昔の「書」がそのままのこる。炭は安定している強力な物質なんですね。

Jun 27
Permalink
LINE互換クライアント開発者のまとめた解析結果によると、LINEクライアントはgd2.line.naver.jp:443に接続し、メッセージはApache Thrift TCompactProtocolで直列化されているようだ。接続先を確認したところサーバー証明書は2014年4月17日に発行されたGeoTrustの2048bit RSA形式のもので、SSL Heartbleed問題を受けて再発行されたことを確認できる。
CipherにはDHE-RSA-AES128-SHAを使っている。これはGoogleが2011年にOpenSSLコミュニティーに寄付した前方秘匿性をサポートした鍵交換プロトコルで、Lavabit事件のように当局からSSL秘密鍵の提出を要求されたり、HeartbleedでSSL秘密鍵が漏洩したとしても、過去に遡って通信が復号されないよう対策されている。一般のISPが提供する電子メール等と比べても強力なセキュリティー対策が施されているといえる。
公表されている情報を総合して日本国内のLINE利用者による通信を適法に韓国当局が傍受することは難しい。とはいえ我々はスノーデン事件の教訓から、情報機関が各国の法律を無視して国内外の情報収集を行う場合があることを知っている。
Permalink

(Source: fireflybicycles, via hm7)

Permalink
nise3kawan:

1403785981588.jpg
ロボットの好きな姿と - 二次元裏@ふたばhttp://may.2chan.net/b/res/269888076.htm

nise3kawan:

1403785981588.jpg

ロボットの好きな姿と - 二次元裏@ふたば
http://may.2chan.net/b/res/269888076.htm

(via petapeta)

Jun 24
Permalink

HOME’S に掲載された過去の物件の情報が見えます。 これによって何が嬉しいか。

新しい物件を探すとき 住みたい物件の退去率がわかる。 物件の規模に関して掲載情報が沢山あるということは退去率が高い。何か問題があるのではないか?

住みたい物件の時系列での家賃がわかる。 どんどん下がってたりするなら、家賃交渉に使える。

住みたい物件の周りの時系列での家賃がわかる。 周りがどんどん下がってるのに住みたい物件は下がってないなら家賃交渉に使える。

今住んでる物件に対して 新しい物件と一緒で時系列での家賃の変動が、住んでる物件、周りの物件で見える。 契約更新時などに、家賃交渉に使える

Permalink
世界1位の人口
世界1位のCO2排出大国
世界1位のエネルギー消費国
世界で3位くらいの軍事力
世界で2位くらいの経済力
国連拒否権という圧倒的政治力

どれか1つをとっても、世界を滅ぼせるほどの力を持っているのに
まるでそのことを自覚していないし、責任感もない。
力の使い方が、まるでわかってない。
脳みそが小学生以下。

「そんな事をしてたら(世界を巻き込んで)自爆しちゃいますよ、危ないからやめなさい」
と、みんなが中国をを心配して必死でアドバイスをしようとしてるのに
「そんなことは、おまえらも昔やったじゃないか、中国を批難するのは許さない」
と逆切れ…

そうです、世界は何度もそういう苦境を経験してきたから
わかっているのです、それは危ないと…
だから言っているのに、駄々っ子みたいに聞く耳持たず
ひたすら自爆への道を暴走しようとする中国…

世界にとってできることは
もはや、中国の説得を試みても間に合わない
急いでこの史上最大級の13億人同時自爆テロから逃げることです。
Permalink
Googleの言語処理は進化してきたとか言っているけど「昆虫の子孫を残す行為の日本語表記」がポリシー違反に成るなんて、Googleの自然言語のAIってヘボイよ!文脈とか理解できていないじゃん!
昆虫と人間を混同しているよ!そんなケースGoogleでも扱っていないのかな?
それがダメなら、昆虫の事書いてるサイトは全てポリシー違反だよ!そんなことよりもっと卑猥で露骨なサイトとか沢山あるじゃん!
人間に事じゃないよ!?昆虫が子孫を残す行為だよ!それがGoogle的にNGなんて変だと思う!
・・・・うーんなっとくできないけど、そのURLの昆虫(カブトムシ)が自然の摂理に乗っ取って、子孫繁栄を行う行為の日本語表記を削除!「カブトムシは頑張ってます♥︎!」というワードに置き換えました・・・
アホらしい・・・超気持ち悪い!
という修正をしましたので、ご確認くださいという再審査をGoogleに送りました!
そしたら、マッハのスピードで次の日に、正しく修正が行われているので、アカウント停止を解除するとのメールがきた!「カブトムシは頑張ってます♥︎!」という表現は、Google的にはOKなのね!
とほほ・・・変なの!超へんだよ!昆虫の行為までGoogleが口を出す世の中!
恐ろしいネット検閲が始まったようなきがする。ターミネーターの「スカイネット」かとおもったよ!
Jun 22
Permalink

bigbikes2:

If anyone ever says “I don’t want a Mavic wheel, I want a hand built wheel” you can tell them that more hands touch a Mavic wheel than any wheel built in a shop. The Mavic factory tour in Annecy was an eye opener.

My first thought upon entering the Mavic wheel factory was “Wow, there are a lot of happy middle-aged women in here wearing floral shirts.” My second thought was “Wow, there are a lot of custom machines in here that probably don’t exist anywhere else in the world.” My third thought was “Wow, I really need a large Dunkins Jamoca Almond Fudge with a turbo shot.” 

I lost count of how many individual steps are involved in a single wheel build but it’s a lot. I can’t count that high but I promise you it’s at least six steps. Those little stickers inside a Mavic rim? Those are placed after a step is completed. I think the only step that doesn’t get a sticker is the tire mounting test. Yes, they physically mount and inflate a tire on every rim just to make sure it beads properly. If that were my job it would be called the “Pinching the tube and blowing the tire off the rim station” and everyone in the immediate area would be wearing ear muffs all day. 

The lower photo above is of the quick release assembly station. Five people assemble one quick release. Workers in the factory are all trained to do every job in the place and they rotate every hour or two hours depending on what they’re doing. And they all take two weeks off in August to go wing-suiting at Chamonix and eat cheese. Sometimes simultaneously. 

I wish I could have gotten some photos of the carbon spoke assemble process, that was wicked cool but it’s also wicked proprietary and secret. There’s one woman whose job it is to thread the kevlar through the spokes of the R-Sys wheels. Another woman and places the epoxy on the threaded spoke ends and another places the spokes on a rack and rolls them into an adorable pneumatic machine that goes “BRRF! BRRF! BRRF! and sets the epoxy…or something. There was a lot going on. 

The Mavic factory was impressive. And that’s coming from someone who met Andre The Giant in person. 

Permalink
kramoncyclophotos:

Lotto-Belisol boys speeding uphill

kramoncyclophotos:

Lotto-Belisol boys speeding uphill

Permalink
i-am-andreea:

Tom Boonen at Paris Roubaix 2014.

i-am-andreea:

Tom Boonen at Paris Roubaix 2014.

(via hm7)